忍者ブログ
おそらく活動状況とか、他愛もないこととか書きます。 μ崎みのりの気ままで気まぐれなブログです。 作曲とか、ゲーム製作なんかしてます。
[410]  [409]  [408]  [407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [400]  [399
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私が、人よりも感情の種類が少ないことは何度か書いてきたと思います。
具体的には、自分にとって不都合な感情を感じないというもの。怒りと悲しみが代表例ですね。
まぁそのせいで(無駄に)理性的な自己分析ができたりもするのですが、
今日、その結果新しいことが分かりました。

・感情を理解してないわけではない
封印(?)された感情に関して、自分が感じないだけで理解してますし、
不思議なことに共感することができるんですよね。
今日、悲劇的なストーリーを見て泣きましたし。泣いたのかなり久しぶりです。

・怒りだけは特別?
怒りに対してはトラウマがあるみたいで、怒っている人を見るだけで酷く怖くなります。
逆に、それ以外で怖いと思うことがありません。
あと、理解しようとしてもうまく理解できません。
自分を保つためなのか、なんでそんなに怒りが怖いのか全然思い出せないのですが……。

今日分かったのは、怒り以外ならなぜか共感できてしまうことです。
以前、会社の休憩時間に「~がムカついた」的な愚痴を聞いた時は全然共感できなかったのに、
ドラマなんかの悲劇的なストーリーを見ると泣いてしまうという……。
私は自分自身にどんなプロテクトをかけているんでしょうか…?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]