忍者ブログ
おそらく活動状況とか、他愛もないこととか書きます。 μ崎みのりの気ままで気まぐれなブログです。 作曲とか、ゲーム製作なんかしてます。
[465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

普段は書かないような趣旨の記事を書いてみようと思います。


私は高校時代、弱い霊感がありました。
何人かの友人には話していましたし、
通学路で「おはよう」と言われて振り返ったら誰もいなかった、
なんて話もしたことがありました。

しかし、高3中期ぐらいから、いつのまにかそういう「声」を聞くことが無くなり、
私には霊感なんてなくなったんだと思っていました。
(もともと姿を見るとかではなく、音でしか認識していなかったのです)

……しかし今日、別のアプローチ?がありました。
私は徒歩で通勤しているのですが、その通勤ルートには、
住宅街の中を通るルートと住宅街を迂回するルートがあります。
両者に距離の相違はほぼないため、
気分や状況(工事中など)によってルートを変えています。
最近はどちらのルートも工事中の場所があり、どちらも通行しにくい状況が続いていました。

今朝、今日は迂回ルートで行こうと思って分かれ道の交差点を右に曲がろうとしたところで、
『μ、ちがうだろ?』
と声をかけられた気がしました。若い女性の声でした。
現在一人暮らしで、徒歩で行ける範囲には特に友人もいない私にはありえない事態です。
しかし、なぜか迂回ルートは通ってはいけない気がして、
信号を渡って住宅街ルートを通ることにしました。


帰り、朝のあれはなんだったんだろうと思って迂回ルートを通ろうとすると、
「工事中 車両・歩行者通行できません」との看板が。
細い道路に大きな穴があき、会社側の分岐点から少し行ったところが通行止めでした。
日時は今朝から今週いっぱいまで。
もし通勤時にここに来ていたら、マンション側の分岐点まで、
通勤路のほとんどを戻るはめになっていました。
親切な誰か(?)がいたのか、偶然予知できたのか――。
新相は謎なままですが、なんにせよ今朝は謎の声のおかげで遅刻せずに済みました。
めでたしめでたし。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]