忍者ブログ
おそらく活動状況とか、他愛もないこととか書きます。 μ崎みのりの気ままで気まぐれなブログです。 作曲とか、ゲーム製作なんかしてます。
[468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

某質問サイトで「この曲のコード進行が理論的に理解できないんだけど……」
みたいな質問を見かけました。
私が聴く曲は、転調しすぎて調整が曖昧な曲が多いので、
古典音楽上がりの人にはキツい部分もあるかもしれません。
(共通するコードもないのに転調なんて意味不明、とその質問には書かれてました)
無論、私の作る曲も転調がよく使われています。
聞き返して転調する曲を数えてみると、iSwitch!のBGMでは10曲中4曲だったのが、
2.14戦争!!になると12曲中8曲に、
iSwitch! plusedになると10曲中9曲に増えています。
ちなみに私の曲の中で最も転調しまくる曲はこんな感じです。
一応、2部構成でブロックA(?)はKey=AでブロックB(?)がKey=Fなのですが……。

【A:Key=A】
A → G → B♭ → C → Dsus4 → D → G
A → G → A♭ → B♭ → Csus4 → C → C7

【B:Key=F】
B♭add9 → B♭m → Fadd9 → Bm7-5
B♭m7 → E♭ → Fsus4 → F → F7sus4
B♭add9 → B♭m → Fadd9 → Bm7-5
Gm7 → Am7 → A7 → B♭ → C → Dsus4 → D

……と、このようにブロックAに関しては純粋なKey=AにおけるコードがAとDしかありません。
というか、出だしが部分転調しているKey=Cだと解釈した方がまだ自然かも。
ブロックBは、ブロックAにくらべるとまだ普通ですが、純粋なスケール内のコードは半分くらい。
ちなみにこの曲は次回作のタイトル曲候補でしたが、別の曲に蹴落とされています。

……さて、この記事を書いて「μのコード進行作曲術」に転調の章を追加しようかという思いが
一瞬よぎったのですが、面倒なのでやめておきます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]