忍者ブログ
おそらく活動状況とか、他愛もないこととか書きます。 μ崎みのりの気ままで気まぐれなブログです。 作曲とか、ゲーム製作なんかしてます。
[504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [496]  [495]  [494
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人を支える思い出にはいろんな種類があります。
私にとっては、たまたまそれが「音」だったというだけで。
……音感を持ってしまって以降の私からすれば、印象に残ったコードは
普通の思い出よりも強く心に残ってしまうものです。

なお、私の相対音感の都合上、全てハ長調/イ短調です。
大抵の場合は原曲キーと異なります。


Fm | C/E | Dm7-5 | C
ある2人組の、ある有名曲のBメロ導入部分。
なんといっても注目はDm7-5。Dをルートにサブドミナントマイナーという発想は、
この曲のコード進行を解析した当時の私にはとても斬新でした。

Am7/D | Am7/E | Bsus4 | C#m7
ある3人組の、不思議な雰囲気が漂う曲のAメロ。
機能どころかスケールまでめちゃくちゃにする破壊力でした。

F | G/F | Ab/F | Bb/F
最近どこかで聞いた気がする。Ab/F = Fm7ですが、あえてAb/Fと表記。
Fのペダルポイント、「F | G/F」はよく聞きますが、それをさらに発展させるとは思いませんでした。

Fadd9 | C/E | D7sus4 | Am7
Fadd9 | C/E | C/D | G7
こちらは私が作った曲のコード。
1行目のコードは曲全体のテーマとなるコードで、Aメロとサビに使われています。
そして2行目が、サビラスト部分の発展形のコード。
「C/D」は、私が真の意味でオンコードを理解した瞬間(大げさ)でした。
私のコード理論を語る上では、避けて通れないレベルのコードです。

F/G | G/A
最近のお気に入り。なんかの洋楽で聞いたのが始まり。
C/Dと同じ響きだからでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]