忍者ブログ
おそらく活動状況とか、他愛もないこととか書きます。 μ崎みのりの気ままで気まぐれなブログです。 作曲とか、ゲーム製作なんかしてます。
[507]  [506]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、シャワールームの照明が切れました。
うちはユニットバスなのでシャワールームも何もないですが。
時刻は21時。さすがにこの辺りの電気屋は営業していない時間です。

さて、タイトルからオチの想像はつくとおもいますが……

とりあえず、まずは切れた電球が何なのかを確認するためにカバーを外すことに。
なるほど、よくあるE26口金の球形の白熱電球です。
電球のストックはありませんが、部屋内の他の場所から借りればいいだけの話。

まずはメインの部屋……は、リング状のタイプ。
……よく見たら、二重リングの外側の照明も切れてました。
明日はちょうど仕事が休みなので、ついでに買うとしましょう。
次にキッチンの照明……は、同じ電球でもいわゆる口金が小さいタイプ×2。
なぜシャワールームと別のサイズにしたのか。その意図が分かりません。
まだまだ、玄関上のちょっとオシャレなデザインの照明があります。
さっそくカバーを外す……あ、ここの明かりがないとシャワールームの電球を交換できないなぁ……
――ってリング状のタイプかよ!!

ここもダメとなれば……まぁ、そうですよね。
この狭い部屋にそう照明がいくつもあるわけではなく。
明日、電球を買うまでは復活しないということでしょう。
――こうして私は、人生初の暗闇シャワーを体験するのでした。


《暗闇シャワーの正しい浴び方》
・1分程度すべての照明を消し、暗闇に目を慣れさせます(夜目が利く場合は不要)。
・シャワールームに光が差し込む部屋の明かりをつけておきます。
 (完全な暗闇を求めるなら話は別ですが……)
・入口から死角になる部分は明かりがほとんどないので、物の位置を把握しておきます。
・あとはいつも通りにシャワーを浴びるだけ。


――私は夜目が利くほうなので、あまり苦労することはありませんでした。
いつもと違うことといったら、多少ドキドキしたくらいでしょうか。
みなさんも気が向いたら一度トライしてみては?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]