忍者ブログ
おそらく活動状況とか、他愛もないこととか書きます。 μ崎みのりの気ままで気まぐれなブログです。 作曲とか、ゲーム製作なんかしてます。
[547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539]  [538]  [537
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あー……最近現実世界での私についての記事が多いですね。
しかし! 私が悩んでいると製作も進まないので……。

結局のところ、私の性別の本質って誰にも理解されません。
前回の記事で、会社にも中性として認められたかと思った矢先、
最終的に会社が出した結論は、私に男性性を求めるものでした。
……もう味方なんて誰もいない。全員敵ですよ、敵。
一瞬味方のフリをした上司にはうんざりです。上が言えばコロっと意見を変えるなんて。

簡単に言うと、「中性だかなんだかよく分からんが、将来的なことを考えて男性の枠組みの中で考えなさい」というのが会社側の結論なんですよねぇ……。
Xジェンダーに診断書が出ないのは当事者の間では周知の事実。
それに付け込んで「客観的な事実がない」「証明できるものがない」って言われても……しょうがないですけど……。
そもそも性「自認」なんて主観的な問題じゃないですか。

……あ、ここまで書いちゃったんで今さらながら公開しますが、私は生物的には男です。
でも男らしさに魅力の欠片も感じませんし、一人称は「私」ですし、
仕草はどちらかというと女性的……「どちらかというと」ですよ?
私が中性を自称するのは、男性に強い拒否感があり、かといって女性かと言われれば首をひねり、体の負担を考えたら生物的な性別をどうこうしようとも思わないという状態だからです。
あとは自分の容姿に対する妙なこだわりがあって、髪を一定の長さ以下に切ることに恐怖を覚えたり、あきらかに男性的/女性的な服装は好まなかったり、性別が分かりにくい容姿になりたいと思っていることが最近分かってきました。

――話を戻しましょう。
恐らく、前述の「会社の出した結論」はもう覆らないと思います。社長判断ですから。
今回私が会社でカミングアウトするきっかけになった頭髪基準についても、男性基準に従うのが苦痛だからカミングアウトしたのに、結局「男性の基準に従え」だなんてあんまりじゃないですか。

「女性でもショートカットはいる」なんて言いますけど。
今の私の髪型はまさに女性ショート(と男性ロングの中間?)なわけで。
結局のところ、カミングアウトしても私が男性扱いされることには変わりなく。
私の中では何の結論も出せないまま、ただ時間だけが過ぎ、負担は増えていくという……。
負のスパイラルですね、これ。 私をやめさせたいんでしょうか?

――なんだか記事が長くなってきましたので、この辺りでやめにします。
ほとんど愚痴になってますし、収集もつけられないでしょうし。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]